夏は 50年に1度

       7月 26日 水曜日    

                           

               

                 

      土用の丑の日 鰻を食した方も多くおられることと思う

     50年に1度の大洪水がこれだけ頻繁に発生するとは誰も

     思ってはいなかったであろう

     50年前の記憶には 梅雨による水害というものは殆ど聞か

     れなかった

     大体が台風による 大雨による河川の溢水である

     前線がこれだけ不規則に発生すること大変珍しいことである

     それも狭い日本の国内である 昨年は 北海道 東北北部

     でそれが起きていたわけであるが 今年は九州北部から

     日本海側に沿って北上しあたかも桜前線が北上するような

     感じで前線が移動し 秋田県の県庁所在地を始め 雄物川

     の氾濫により つながる中小河川の氾濫溢水を引き起こし

    大きな水害被害を発生を引き起こしているのある

    東北地方は 太平洋側は東日本大震災やその他の地震被害

    に遭い 今回は日本海沿いの秋田を中心とした地域に大雨に

    よる大きな被害損害をもたらしている

    新潟 福島等その前に前線が移動するにあたり被害を受けた

    地域の広い範囲に及んでいる

    早急な復旧作業が必要な事は確かである 

    秋田新幹線では大曲ー秋田間で法面の崩壊が発生し現在

    不通となっているという 秋田空港も周辺が水没してしまって

    いるため 水の引き具合を確認してお出かけすることが望ま

    しいのではないだろうか

    ・東京オリンピックパラリンピックの開催まで3年を迎え様々な

    催しが行われている

    つい先日オリンピックパラリンピックの主会場となる国立競技

    場しせつで 建築担当の1社員が過重労働を苦にして自殺し

    ている ここにきて様々な仕様変更施設変更による建設会社

    への負担が2重3重に過重なものとなって出てくる

               

               

    お祭りの嫌いな人にとっては仕様変更や施設の移動は当たり

    前かもしれないが 既に動き始めてしまっている巨大プロジェ

    クトである 小さい仕様変更が大きな全体加重となって生じる

    段階に入っている 今かも知れないが終わってからじっくり攻

    めることで方針転換をしてもらいたい