【2017年4月】アマン東京(お部屋編?)

アサインされたお部屋は、404号室。

38階なのに400番台の部屋番号なのは、

アマン東京のお部屋が35〜38階の4フロアにあるからで、

35階は100番台、最上階の38階が400番台なんだそうです。

では、デラックスパレスガーデンビューのお部屋をご紹介します。

 エキストラベッドも立派

お部屋奥のリビングエリアからベッドエリアを見たところです。

リビングエリアとベッドエリアを仕切るように配置されている腰高の棚の上には

アイスペール(ターンダウン後、氷が入っていました)とおかきとポン菓子が置いてあります。

このお菓子と冷蔵庫の中のアルコール類、アマンオリジナルのジュース以外は無料

しかもターンダウン時に補充もされます。

日頃からお水では無くお茶や烏龍茶を飲むので、ありがたいサービスでした

 おかきも食べ放題

 冷蔵庫は棚の中に隠れています。

その他の扉を開けていくと・・・

 

お茶用のセットとネスプレッソマシーン

グラスの種類も豊富に用意されています。

 

カップもエスプレッソ用と紅茶用の2種。

ここまで用意があるホテルは初めてかも知れません。

ウェルカムギフトはチョコレート

箱に入っていればお持ち帰りもできますが、ティッシュに包むわけにもいかないので・・・

と思っていたら同時に三方向から手が出てきた

おいしー

で、甘い物の後にしょっぱい物という訳で、おかきも頂いちゃいました。

(ほぼ空になっていたおかきがターンダウン後、補充されてて嬉しかった)

ベッドスペースの奥にクローゼットがあります。

 

 

パジャマではなく浴衣が用意されていました。

浴衣ははだけるので嫌いなんですが、帯が伸びる素材でできていて

しっかり締めることができて、はだけることもありませんでした。

良く考えられてますね。

 ベッドの手前にデスクがあります。

そしてそして、テレビですよ。

アマンのお部屋にはテレビが無いのがスタンダードなんですが・・・

東京にはあります。

しかもおかきの横からリモコンで出てくるタイプ

 

しかもリビングエリアの方へ向きを変えることができるんです。

これは凄い

お部屋からの眺めは、デラックスパレスガーデンビューというだけあって、

皇居がよく見えます。

 

緑の屋根の建物が宮殿です。

手前の横に長い長方形の部分が長和殿といって、

天皇誕生日や新年の一般参賀の際にお出ましになるところなんだだそうです。

ニュースでしか見たことが無かったので、へぇ〜〜って感じでした。

次は、この障子風の引き戸の向こう側にあるウェットエリアを紹介します。